ホーム 企業理念 事業所の紹介 業務の紹介 研修・情報収集 求人案内 Q&A
中央総研コラム お知らせ お問い合わせ
ライン2
所得税の確定申告
所得税を納める手続き、確定申告

私達は義務として、様々な税金を納めまずが、そのうちの所得税を納める手続きが確定申告です。 個人がその年の1年間に得た所得とその税額を自分で計算し、 翌年2月16日から3月15日までに所轄の税務署に申告しなければなりません。

確定申告

確定申告をしなければいけない人

給与所得がある人で一定の要件に該当する人
※通常サラリーマンの場合、税金(所得税)は目々の給料などから天引きされ会社が本人に代わって税務署に納付します。
また、大部分の人が年末調整で所得税を精算するために確定申告の必要はありません。
その年の給与収入が2000万円を越える人。これに該当する人は、年末調整を受けられないので確定申告で所得税を精算することになります。

給与を複数の会社から受けている人で、年末調整を受けなかった給与とその他の所得の金額が20万円を超える人。

家事使用人や外国の在日公館に勤務する人で、給与から所得税の源泉徴収をされない人。

同族会社の役員や親族などで、その会社から給与以外に貸付金の利息、事務所/工場などの家賃の支払いを受けている人。

災害を受けた為、その年の給与の源泉徴収について災害城免法の適用を受けている人。
事業所得や不動産所得などがある人
個人事業を行っていたリ、不動産を賃貸している人。この人達は必ず確定申告をしなげればいけません。
退職所得がある人で一定の要件に該当する人
退職する際、会社に「退職所得の受給に関する申告書」を提出しなかったため、20%の税率で所得税を 源泉徴収された人でその税額が正規に収める税額よりも少ない人。
土地、建物などを売却して利益がでる人
土地や建物を売却した場合の利益は、譲渡所得として所得税がかかるので確定申告が必要になります。
確定申告をすれば税金が戻ってくる方
多額の医療費を払った方。

特定の団体に寄付をした方。

年末調整後子供が産まれる等、家族構成に変化のあった人。

火災・台風等で災害を受けた人。

借入金によって住宅の取得、増改築等をした人。

配当所得や原稿料等の雑所得で、源泉徴収されている税額が多い人。

>> 確定申告に対する詳しい情報は国税庁のホームページをご覧ください。


ページTOPへ戻る