ホーム 企業理念 事業所の紹介 業務の紹介 研修・情報収集 求人案内 Q&A
中央総研コラム お知らせ お問い合わせ
ライン2
経営計画

経営計画書を作る効果

「人間はというものは、目標があると、
それに向かって努力するという不思議な動物である」
※「経営者の教祖的存在」であった一倉定氏の言葉より
経営計画書を作ることにより、このような効果が得られます。

外向き

経営計画発表会を開催し、社員、金融機関、来賓の前で発表すると、経営計画書に魂が入ります。

内向き

「数字」を決めることで、現状がわかります。社長、社員のやるべきことがわかります。

銀行対策

経営計画を実行する「社長の姿勢」と「社員の姿勢」が、融資の判断材料になります。
何事にもまず、計画ありき、なのです。
企業は、永遠に存続する組織体です。つまりは、社長自身が将来のビジョンを明確にすることで企業は継続し、
成長していきます。その将来の計画を立てるのは私たちではなく、社長以外の誰でもありません。

私たちは、社長の考え、経営理念を引き出し、より簡単に、より具体的に、社長の経営計画の立案を
お手伝いします。
自社の商品、特徴、強み、課題を踏まえ、会社をどうしていきたいか…
共に考えましょう!共に素晴らしい計画書を作り上げましょう!私たちが会社の経営を必ず楽しくして
みせます!

経営計画立案に際する中央総研のご提案

経営計画書を作るにあたり、まずはじっくり一日かけて会社をそして社長自身を見つめて頂きます。現時点の自社の財政状態を勘案し、 社長の理念・思いを引き出し、すべてを計画書にまとめあげます。普段、仕事に追われるばかりで、 ゆっくりと考えることができない社長が集中して将来を見つめることで、正確な経営計画書が完成します。

計画書作成までが全てではありません。社長と共に練りに練って作った計画書を無駄にしないためにも、 計画に間違いがなかったか、改善点は何かなど、目標に向けてサポートいたします。

経営計画の流れ

1.現状分析

■社長が直感的にわかるように決算書を作り変えます。

これまでの決算書は税務署や銀行に提出する目的で作られています。 したがって読み方や役立て方がわからないのは当たり前です。 まず社長が数字で理解するクセをつけるウォ一ミングアップを行います。
過去12ヶ月の業績が直感的にわかるように、表と図に置き換えて見やすく作り変え、 利益を出すためにどこに手を打てばよいかを学びます。
利益を出す方法は大きく3つしかありません。亮上高を増やす、 亮上原価を下げる、固定費用を下げるのいずれかです。 このいずれが貴社にとって最適かを検証しながらご指導します。
矢印
2. 目標利益を決定し、利益計画を練り上げます。

■利益計画の目的は、会社が生き残るために絶対に必要な、売上高と粗利益額を理解することです。

私たちがご用意する書式、電卓で計算しながら記入すればすぐわかります。
・出て行くお金を明確にします。目標とする経常利益+1年間の費用などでわかります。
・目標とする経常利益は、たとえば長期借入金返済額を元に計算します。目標経常利益が決まれば、
 一年間の費用と合算し、その合計額を粗利率で割り戻して目標売上高を計算します。
・1年間の費用とは、人件費、家賃などの経費、減価償却費などです。
なお、この売上高は単なる目標ではありません。実現可能かどうかではなく、必達しなければ会社が
存続できない数字です。

■ 利益計画検討表で変化を予測します

固定費は一定という条件で、様々なシミュレーションをします。 さらに月別、支社別、部門別に利益計画表を作っていきます。すると、どの部門が赤字でお荷物なのか? どの部門が成長かなども一目でわかるようになります。儲かっていると思っていた事業が実はお荷物だったということも…。
矢印
3. 行動計画を決定し、経営計画書を作成します。

■「時期と数字」を入れ、行動計画をを明確に!

経営計画書に理念や方針はこれでもかというくらいに、徹底的に書きます。 経営計画書を作り社長の
ロマンを叩き込んでください。
社長の持つ「夢や目標、想い」を明確にして、具体的に行動する、これが重要です。
目標を明確にするには、「時期と数宇」を入れるべきです。
矢印
4. 計画を実行し、月次決算書で検証します。

■ 運営のポイント

経営計画書は、最低でも月次決算書と併せて運用しなければ価値は半減します。
どんなにすぱらしい経営計画書であっても、そこに書かれた目標を達成し、もっと良い会社にしなければ意味がありません。 目標や理念もつまった経営計画書がまずありき、そして、 毎月のチェックのために月次決算書を活用する、この二つは切っても切り離せない関係だとお考えください。


毎月訪問した際に、社長と一緒に経営計画書と月次決算書をつき含わせ問題点や解決策を検証しますが、 もっと言えば、経営計画書は、できれば毎日、幹部または全社員で読み合わせの時間をとってください。 毎日読み合わせをすることで、会社の理念や方向性は少しずつ、しかし確実に社員に浸透していきます。

■ 確認・分折をする

目標意識を持った行動というのは、自ずと結果が違ってきます。 計画と実績のズレの確認・分析をすることにより、軌道修正を図り、 計画の見直し戦略的な決算対策など次の行動へつなげていくのが、 当社の「目標達成支援サービス」です。
成長発展していく会社、儲かる会社は、例外なく数値に強く、厳しいです。会計事務所をべ一スとする私どもは、 その強みを活かし、皆様の目標達成のお手伝いをしていきたいと考えております。
ページTOPへ戻る