ホーム 企業理念 事業所の紹介 業務の紹介 研修・情報収集 求人案内 Q&A
中央総研コラム お知らせ お問い合わせ
ライン2
経営者改革
社長、会社の未来、社員の未来を描けていますか?
  経営計画書の重要性をご存知ですか?
会社の成長の鍵を握るのは、あなた以外にはありません!!
  会社の社員全員が物心両面で幸せになり、明るく元氣にイキイキ働く職場であれば社長にとってはこの上ない喜びですよね。 つまり、社員の方々が幸せになってもらうためには、会社が大きく成長し、継続していくことが大前提なのです。 どのような社長にも、それぞれ「夢や目標、想い」というものがあります。
その「夢や目標、想い」を明確にして具体的に行動するのは、他の誰でもなく社長、あなただけの仕事です。
「経営目標とは経営者の意志そのものなのです。
そのうえで、決めた目標を社員全員に「やろう!」と思わせるかどうかなのです。」

※稲盛和夫氏著の「実学」より

社員一人一人の能力を最大限に引き出す為には 社長が会社の将来を知り、それを社員に明らかにすることが大切です。 そのことにより、社員の目つきも変わり、そして社長、あなたに付いて行くのです。
つまり、社長がお立てになった経営計画を「実行」するのです。しかも熱い使命をもって。
「経営計画書は、社員の心に革命をもたらし、
会社に軌跡をもたらす『魔法の書』である。」

※「経営者の教祖的存在」であった一倉定氏の言葉より


中央総研はこう考えます

元氣会社の構造
現状の把握と、未来を見通す目(短期・長期の目標)を
持つことができるのは、『経営計画書』!!なぜなら…

経営計画以外に、会社全体を知る手段は無い。
経営計画書を必ず自らの手で書き上げることこそ、社長として絶対にやらなければならないことである。
すぐれた企業は、必ずすぐれたビジョンを持っている。
経営計画書は、社員の心に革命をもたらし、会社に奇跡をもたらす「魔法の書」である。
経営計画書は、社長の決意を表明したものであり、定期的な達成度チェックは、社長の執念の現れである。
経営計画によって、社長は自ら何をしなければならないかを知り、同時に増収増益の道を知るのである。
「経営計画」の時間を節約するというほど、誤った時間の使用方法はない。

社長を元氣にするプロジェクト

私たちは経営者の心を高めるため自己研鑽と情報収集の場を提供します。顧問のお客様でなくても、お気軽に参加できますので、是非お越し下さい。
先哲に学ぶ
先哲に学ぶキャッチ

歴史に残る先哲、碩学の足跡を辿りながら、未来を志向する我々がリーダーとして、人間として 正々堂々とした生き方を共に学んでいきます。

詳細はこちら
立志塾
立志塾キャッチ

若手経営者の育成塾が「立志塾」です。混沌とした世の中で 覚悟と自信を持って日々の経営に当たって頂くためのセミナーを行っています。

詳細はこちら
経営計画作成セミナー
セミナーキャッチ

経営には「経営計画書」が必要です。私たちは「社長の思いが入った、実現可能な経営計画書」の策定のお手伝いをしています。

詳細はこちら

セミナースケジュール

ページTOPへ戻る